ランチョンテクニック

インフォ

Sponsored Links

ランチョンテクニックとは?(ビジネス心理学編)

食事をしながら交渉事をする手法ランチョンテクニックといいます。
美味しい食事をしている間は良い印象を与えることができるので、交渉の成功率を上げることができると言われています。

ランチョンテクニックは、経営者や政治家が食事をしながら交渉事をしていることから、よく使われているテクニックであることが分かるでしょう。


ランチョンテクニックの由来
ランチョン(lunchon)は昼食会という意味です。昼食を取りながら様々な交渉をするテクニックなので、このような名前が付いたようです。ランチョンテクニックはアメリカの心理学者グレゴリー・ラズランの実験により明らかになりました。

ランチョンテクニックが有効な理由

ランチョンテクニックが交渉事に有効な理由は、美味しいものを食べたことの幸福感により相手に好意的になるからです。

これは、周りの環境が感情に影響するという、フィーリンググッド効果に似ている効果です。

また、食事をしている間は良い雰囲気でいたいとたいていの人は思うので、態度をやわらげることが多いことも有効な理由の一つでしょう。

使えるシチュエーション

家族や友人にお願い事をするとき

家族や友人になにかお願い事をするときにも、ランチョンテクニックは利用できるでしょう。

なるべく相手が機嫌が良い時にお願いをすることはもちろんのこと、一緒に食事をするときにお願いをすると、相手が受け入れてくれる可能性が高まるかもしれません。

家族や友人は一緒に食事をする機会が多いので、ランチョンテクニックが使いやすい状況と言えます。

仕事で交渉するとき

取引相手とも食事の機会を増やすことで、交渉をうまく進められるかもしれません。

食事中は仕事の話は避ける人も多いかもしれませんが、さりげなく自社の商品やサービスを紹介したりすることで、商談の成功率を上げられるかもしれません。

また、単に食事を重ねるだけでも、相手が自分に好印象を持ってくれることもあるので、ぜひ仕事でランチョンテクニックをうまく活用したいものです。

Sponsored Links

注意点

食事をしながら交渉をすると良いといっても、美味しい食事でなければランチョンテクニックの効果は発揮できないかもしれません。

例えば、マズい食事を共有すると、相手の印象が逆に悪くなってしまうかもしれません。
また、相手が嫌いな食べ物も同様に避けた方が良いでしょう。

そのため、ランチョンテクニックの効果を発揮するためにも、美味しい料理をしっかりと用意することが重要です。

関連する心理効果&現象

フィーリンググッド効果
周りの環境が感情に影響を与える効果

キャラクターたちの会話

シャケシャケ

ちょっとー
毎日実験の手伝いは負担が大きいんじゃないのー?

 はげやま博士 はげやま博士

えっ?
そ、そうかー?

ミートミート

まぁまぁ、実験の手伝いくらいいいじゃない

シャケシャケ

(あれほど実験の手伝いが嫌いなミート君が…)

Sponsored Links

Twitter
更新情報などを投稿中!登録お願いします。