ボッサードの法則

ボッサードの法則とは?

「遠距離恋愛は別れやすい」

そういう話をよく聞くと思います。
現在、遠距離恋愛中の人は聞きたくない話だと思いますが、実際にに行われた調査でもそのような結果が出ています。

例えば、遠距離恋愛をしていた人の半分くらいは別かれてしまい、別れなかった人もほとんどが遠距離恋愛を解消していることが分かっています。

また、心理学者のボッサードが行った調査でも、物理的な距離が近いほど、心の距離も近くなるということが分かっています。
これをボッサードの法則と呼んだりしています。

どちらの調査も、遠距離恋愛で二人の恋愛を長続きすることは、難しいことを示しています。

しかし、好きな人と仲良くなりたい場合は、ボッサードの法則を利用すると良いかもしれません。

ボッサードの法則によれば、心理的な距離を縮めたい場合は、物理的な距離を近くすればよいということです。


ボッサードの法則の語源
アメリカの心理学者ボッサードが行った調査で、この法則が導き出されたことからこの名前が付いたようです。

遠距離恋愛が難しい理由

遠距離恋愛の場合い、相手に会いに行と時間もお金もかかってしまいます。
それに伴い、心理的な負担も大きくなります。

そこで、2人の仲に少しでもキズができきると、その心理的な負担がさらに大きく増大していってしまいます。
このようなことから、遠距離恋愛を長続きすることは難しいのでしょう。

使えるシチュエーション

遠距離恋愛を乗り越えるために

遠距離恋愛を続けるのは難しいといっても、恋人と別れたくないという人もいるでしょう。
そういった人は、遠距離恋愛を解消するのが一番良い方法ですが、そうはいかない人は相手との心理的な距離を離さない工夫が必要です。

簡単にできる工夫としては、こまめに連絡を取るという方法です。
メールやSNSなどの文字でのやり取りも良いですが、やはり電話やビデ通信など、相手がより近くに感じられるような連絡の取り方の方が良いでしょう。

好きな人と仲良くなりたい場合

ボッサードの法則によれば、相手との物理的な距離を近くすることで、相手との心理的な距離を縮めることができます。

相手の近くに引っ越すというのは少し難しいかもしれませんが、学生なら同じクラブやサークルに入ったり、社会人でも同じお店に通ったりすることで、同様の効果が期待できるかもしれません。

さらに、そうすることで接触の機会を増やし、単純接触効果も期待できるでしょう。
ただし、あまりにも相手と物理的な距離を狭めて、ストーカーと思われないように注意する必要があります。

組み合わせると効果的な心理効果&現象

単純接触効果
出会う回数が多いほど、好意も増すという効果。

【組み合わせ例】
相手との物理的な距離を近くして、出会う頻度を上げる。

キャラクターたちの会話

※作成中

Sponsored Links

Twitter
更新情報などを投稿中!登録お願いします。