イーブンアペニーテクニック

インフォ

Sponsored Links

イーブン・ア・ペニー・テクニックとは?(ビジネス心理学編)

1分だけ商品の説明をさせてください。
見るだけでいいので、お店に入ってください。
1杯だけ飲みませんか?

イーブンアペニーテクニックの例

あなたはこのような言葉でつい、相手のお願いを承諾してしまった経験はありませんか?

たいていの場合、このお願い以上のことをされることが多いですが、不快に思う人は多くありません。

このように、ハードルの低いお願いをして、相手に承諾してもらうテクニックのことを、イーブン・アペニー・テクニックといいます。

イーブン・ア・ペニー・テクニックを使うと、お客さんに商品やサービスを見てもらえる機会が増えることから、ビジネスでよく使われています。


イーブン・ア・ペニー・テクニックの語源
イーブン・ア・ペニー(even a penny)は「1ペニーだけ」という意味です。これは、「少額だけでもいいので寄付してください」というにように、ちょっとしたお願いをして相手に承諾してもらう手法であることから、この名前が付いたようです。

イーブン・ア・ペニー・テクニックが効果的な理由

イーブン・ア・ペニー・テクニックが効果的なのは、相手の心理的な負担を下げられることが理由としてあげられまう。

「商品の説明を受けたら買わなきゃいけない」とか「説明を受けると時間がかかりそう」というような不安を取り除くことができるのです。

Sponsored Links

使えるシチュエーション

セールスを行いたい場合

セールスマンにっとって、重要なことの1つがお客さんに商品やサービスを知ってもらうことです。

しかし、お客さんは説明を受けると、買わされてしまうという不安があります。

そんな時に、イーブンア・ペニー・テクニックを使うと、お客さんの不安を取り除くことができ、販売の機会を増やすことができます。

セールスでのイーブンアペニーテクニック

残業をお願いしたい場合

残業は嫌という社員は最近多いですよね。
たとえ上司や先輩という立場でも、残業をお願いしにくくなっています。

そんな時にも、イーブン・ア・ペニー・テクニックは利用できます。
例えば、「1時間だけでもいいので残業してくれない?」というようにしてお願いをするのです。

会社でのイーブンアペニーテクニック

たいていの場合、本当に1時間の残業ではなく、仕事が終わるまで残ってくれる人も多いでしょう。

防衛策

イーブン・ア・ペニー・テクニックは交渉の場で使える手法ですが、客の立場からすると悪いこともあります。

1分だけで説明を聞いてくれればよいといわれていたのに、何十分も説明していたなんでこともありますからね。

そうならないためにも、必要ないと思ったら小さなお願でも断ったり、最初のお願い以上のことをしてきたら、すぐに断るくらいの気持ちを持っておいた方が良いです。

関連する心理効果&現象

フット・イン・ザ・ドア
小さな要求をした後に、大きな要求をする手法

ドア・イン・ザ・フェイス
大きな要求をして断られてから、要求のハードルを下げる手法

■ローボル・テクニック
好条件の依頼をしてから、少し不利な条件を加える手法

キャラクターたちの会話

シャケシャケ

いいもの買っちゃった!
これで料理がしやすくなるぞー

シャケシャケ

あれ?もうこんな時間!

シャケシャケ

1分だけのはずが15分も聞いちゃったよー

Sponsored Links

Twitter
更新情報などを投稿中!登録お願いします。